脱毛器は顔の産毛の脱毛にも使用することができます。 ただし、顔の産毛に使用できる脱毛器は限られているので、きちんと顔の産毛に対応しているのかどうかを確認してください。 対応していないものを顔に使用してしまうと、肌トラブルを引き起こす原因になります。 それに、顔の産毛に対応している脱毛器でも使用方法を誤ると肌トラブルを起こす可能性があるので、気をつけましょう。 顔の皮膚は非常にデリケートですから、パワーを抑えながら使用してください。 脚や腕と同じパワーで行ってしまうと、火傷をしてしまう危険があるので、微調整できる脱毛器を使用する必要があります。 そして、目の周りは絶対に脱毛しないようにしてください。 顔の産毛に対応している脱毛器だとしても、一般的に皮膚の薄い目の周りの脱毛は禁止しています。 また、照射範囲が広いと顔の産毛の脱毛をするのが難しいので、照射範囲が狭い脱毛器を使用された方が良いです。 できれば、照射範囲を調整できる脱毛器や顔専用の脱毛器だと脱毛しやすいでしょう。